結婚指輪を左手薬指にはめる理由

2016年1月18日
結婚指輪を左手薬指にはめる理由
LINEで送る
Pocket

結婚指輪は多くの人が左手薬指にはめますが、

その習慣はどこから来たのでしょうか?

 

 

実はその歴史はとても古く、

古代ギリシャ時代の言い伝えに起因しています。

 

 

「ハート」という言葉は日本語に訳すと「心」の他に

「心臓」という意味になりますが、

古代ギリシャでもハートは両方の意味を指し、

心臓には心が宿る、

心を司るのは心臓と考えられていました。

 

 

そして薬指には太い血管が通っていることから、

心臓がある左側の薬指は特別なものと考えられ、

そこに指輪をすることは「心をつなぐ」という意味を持ち、

そこから「永遠に相手とつながる」

という意味になったと言われています。

 

IMG_7219

 

 

また、アジアでは「輪」は切れ目のないその形状から

仏教思想の輪廻の象徴とされ、

永遠につながるという意味を持ちます。

 

 

そして左手薬指は東洋医学の思想でも

心臓とつながっている場所と古くから考えられており、

結婚相手と指輪を交換することで

お互いの心を捕まえるという意味を表しています。

右利きの人が多い日本では日常生活に最も支障がないから、

と左手薬指にはめている人もいるかもしれませんが、

実際はこのようなロマンチックな意味があるのです。

LINEで送る
Pocket

ページトップ