サムシングブルーって青ければなんでも良いの?

2016年2月17日
サムシングブルーって青ければなんでも良いの?
LINEで送る
Pocket

花嫁が結婚式に付けることで幸せになれる

と言われているサムシングフォーのうちの一つ、

サムシングブルーは「なにか青いもの」のことです。

青いものならばなんでも良いのでしょうか。

サムシングフォーの発祥である欧米では、

サムシングブルーは見えないところにあると良いと言われています。

青という色が聖マリアを象徴する色で、

「純潔」という意味があるため、人目につかない物が良いのです。

そのため、ガーターベルトに青いリボンを結ぶのが

一般的なのですが、現在では様々なものにサムシングブルーが

使われています。

見えないところにしたいということで、結婚指輪の内側に

サファイアなどの青い宝石をつけたり、ブーケにさりげなく

青いお花を入れることも増えています。

 

IMG_7632

 

他にもリングピローを青にしたり、ハンカチに青いリボンをつけたり

ドレスで隠れて見えづらい靴を青いものにしたりです。

また、現代ならではのものですが、ネイルに青い色を使ったり、

青い石やビジューを入れるというのも良いですね。

式場によっては、乾杯用に青いお酒を用意していることもあります。

これも立派なサムシングブルーですね。

 

Instagram  FB-f-Logo__blue_29

LINEで送る
Pocket

ページトップ