ダイヤモンドの色による違いって?

2016年2月7日
ダイヤモンドの色による違いって?
LINEで送る
Pocket

ダイヤモンドの価値が決まる物のひとつに

色の違いがあります。

大まかに分類すると、無色透明、ホワイト、イエロー、

オレンジ、ピンク、レッドなど多岐にわたります。

ほかにも、ひとつのダイヤモンドに二色以上

入っているものや温度など条件によって

カラーが変わるものなどさまざまです。

この違いは、放射線の照射などによっておこる

結晶構造の変化や生成される過程に何らかの不純物が

混ざることによってカラーが生じるとされています。

一般的に結婚指輪などで使われるのが無色透明ですが、

このカラーにも等級があります。

ppinnkudaiya

 

 

薄いイエローとしてダイヤモンドに現れますが、

綺麗に透明になるほど等級は高くなります。

しかし、カラーグレードの違いは驚くほど微妙で、

専門家が理想的な明りの下でルースの状態で見て初めて

その違いが分かるほどだとされています。

お店で売られているもののほとんどが無色透明に

非常に近いものか、イエローもしくはブラウンを

帯びたものになります。

ダイヤモンドを選ぶ場合には透明なほど高価になりますが、

自分たちの予算に合ったものを選ぶことが大切ですよ。

Instagram  FB-f-Logo__blue_29

LINEで送る
Pocket

ページトップ