結婚式に出席するときのマナー〜男性編〜

2016年2月1日
結婚式に出席するときのマナー〜男性編〜
LINEで送る
Pocket

結婚式や披露宴での正装は、

黒のダークスーツと言われていますが、

現在では少し様変わりしているようです。

10代〜30代の若い世代の人々は、

このような服装は格好悪いと思う人も多いようです。

男性女性問わず、新郎新婦の晴れ舞台に花を添えるのも

ゲストの役割の1つです。

派手になりすぎない程度におしゃれに決めて出席することが

望ましいです。

黒以外のスーツの色では、チャコールグレーや濃紺が

人気が高いようです。

 

a1180_015767

 

しかし、新郎新婦の上司に当たる立場の人で

挨拶を頼まれている場合は、昔からのマナーに従って、

黒を選ぶ方が無難です。

シャツの色は基本は白ですが、淡い色のものや

控えめな柄があるものを着用することで、さりげないおしゃれを

演出することができます。

ネクタイも欠かせないアイテムの1つです。

白や光沢のあるシルバーを選ぶことが無難ですが、

淡いブルーやピンクなどは浮くことなく爽やかな印象を与えます。

意外と忘れがちなのが足元です。

靴下はミドルサイズのシンプルな色を選びましょう。

基本は黒です。

靴は革靴で紐が付いている「ストレートチップ」と呼ばれるものが正装です。

色は黒が基本ですが、濃い茶色も好印象を与えます。

LINEで送る
Pocket

ページトップ