結婚式でご祝儀を渡すときのマナー

2016年1月24日
結婚式でご祝儀を渡すときのマナー
LINEで送る
Pocket

「結婚式でご祝儀を渡す」ということ。

これってどうしていいのかわからない、

細かい事までは良く知らないことってありますよね。

これには、知っておきたい様々なマナーがあるので

覚えておくとよいでしょう。

今では、ご祝儀袋の種類も豊富になり、

基本的な印刷だけのものから、

華やかな可愛らしいものまであります。

ご祝儀袋を選ぶ際には、包む金額が高いほど

豪華な袋を選ぶようにしましょう。

 

a1370_000163

 

また水引は、何度も結い直すことのできる「蝶結び」ではなく

一度結んだらほどけない「結び切り」のものを選びます。

ご祝儀袋の記名は、なるべく毛筆や筆ペンを使うようにし、

中袋には必ず住所、氏名、包んだ金額を明記します。

ふくさは、慶事用の明るい色のものを使いましょう。

結婚式場の受付でご祝儀袋を出す時には、

左手にふくさをのせたまま右手で開き、

ご祝儀袋を相手に向かって正面になるようにし、

ふくさにのせたまま、両手で差出すようにします。

また、受付に並んで時間がある場合には、

ふくさをしまっても良いとされているのです。

ご祝儀袋を渡す時には、「本日はおめでとうございます」という

お祝いの言葉と共に一礼をして渡します。

マナーがしっかりできていると、素敵な大人にみられますよ。

LINEで送る
Pocket

ページトップ