クラリティーとは

2016年1月14日
クラリティーとは
LINEで送る
Pocket

ダイヤモンドなどを代表とする

天然石の宝石の場合では、

いくつかのグレードに分類されていることになります。
質量やカラーなども非常に大切な項目になりますが、

その中にはクラリティーと呼ばれている

分類方法があります。
ダイヤモンドの場合では、

いわゆる4Cに分類されている項目として知られており、

多くの宝石に使用されているものは、

鑑定士によって区分されていることになります。

 

ppinnkudaiya
クラリティーに関してはグレードを表現しているものになり、

内包物とも呼ばれている傷などを10倍に拡大を行った上で

判断をしている内容です。
例えば10倍で鑑定した際に無傷や

微小な傷しかないような状態であれば

FLやIFに分類されていることになり、

非常に希少性を持っているものとして取り扱われています。
他にも内包物の発見が困難な状態や、

肉眼では見ることが困難なタイプ、

肉眼でしっかりと確認できるタイプなど

非常に多くの区分が用意されていることが特徴です。
クラリティーは当然ながら傷が少ないものが良いとされており、

宝石鑑定では欠かすことのできない見分け方として

使われています。

LINEで送る
Pocket

ページトップ