指輪をはめる場所にはそれぞれ意味があります

2016年1月9日
指輪をはめる場所にはそれぞれ意味があります
LINEで送る
Pocket

結婚指輪を左手薬指にはめるのは定番ですが、

指輪をはめる場所は他の指も

意味を持っていることをご存知でしょうか。

まず大きく分けると右手と左手で意味が違います。

 

 

右手は権力や望みなど現実的な願望を表し、

左手は信頼感のような人を想う気持ちを表します。

そして各指の意味と効果は、

親指は右手は目標を達成したい時、

左手は難関を突破したい時。
逆境の恋愛をしている人などに効果的です。

人差し指は右手は集中力を高めたい時、

左手は積極性を高めるので自己主張が苦手な人に

おすすめです。

 

image1

 

 

中指は右手は直感や霊感を高めたい時、

左手は協調性を高めて人間関係を向上させます。

薬指は右手は安心感を高め、

人間関係を深くさせたい時、左手は愛を深める、

絆を深める効果があります。

 

 

小指は右手は魅力を高め、

叶えたいことがある時につけます。
左手は恋を引き寄せる効果があり、

子宝祈願としても効果的です。

 

 

このように指輪ははめる場所ごとに

違うパワーを持っており、寝る時も指輪をはめて、

寝る前に具体的に祈願するとより効果が高まると

言われています。

何気なくつけている指輪ですが、

このような意味を持っているのです。

LINEで送る
Pocket

ページトップ