婚約指輪や結婚指輪がプラチナである理由(1)

2015年11月10日
婚約指輪や結婚指輪がプラチナである理由(1)
LINEで送る
Pocket

婚約指輪や結婚指輪に使われる素材は

さまざまなものがあります。

昔から装飾品として使われてきた欧米では

ゴールドが最も人気でカジュアル感があって

日常使いに適しており、貴金属を集める時は

ゴールドが多いという人にもおすすめの素材です。

日本で多く使われる素材として上げられるのがプラチナです。

 

IMG_9398

 

プラチナは変質・変色をしない永遠の素材とも言われており、

汗や温泉プールなどでも変色、変質しにくい

という性質を持つことから永遠の白さは永遠の愛を象徴する

ということで肌身離さず身につけておきたいという方向けの

結婚指輪として人気です。

天然の白い色合いはダイヤモンドの輝きを最大限に引き出し、

純度が高いためアレルギーを引き起こし

難いというメリットもあります。

手入れをする時も傷ついても磨滅することが無く、

磨き直しやクリーニングを頼むだけで

輝きを取り戻すことができるのも魅了のひとつです。

手入れもほかの貴金属と同じ方法で手入れすることができます。

また、プラチナは貴金属の中でも最も値が張る素材のため、

リングに資産価値を求める人にも向いています。

LINEで送る
Pocket

ページトップ