カラットとキャラット

2015年11月8日
カラットとキャラット
LINEで送る
Pocket

ダイヤモンドの大きさを表す単位として

よくカラットやキャラットという言葉を耳にすることでしょう。

おそらく多くの人が、これは外国語を耳できいて

カタカナ表記するときに、

二通り生まれたと思っているのではないでしょうか?

しかしながら実はそうではありません。

カラットはKarat、

キャラットはCaratというようなスペルになります。

 

IMG_7649

 
つまり、まったく別のものを表しているのです。

金の含有量を表記するときに、

24Kというように記されたものを見たことがあるかと思います。
このKこそカラットの略であり、

カラッとは合金の量に対する相対的な割合を表す単位です。
つまり純金の24金なら24カラットなので、

24Kというように表記されるのです。

これに対してキャラットは宝石の質量を表す単位です。
ダイヤモンドをはじめとして、

宝石0.2グラムのことをキャラットとして表すのです。

もっとも日本語ではダイヤモンドであっても

1カラットと呼ぶことが多いので、区別して使い分けている人は

なかなかいないのかもしれません。

LINEで送る
Pocket

ページトップ