結婚式に招待する相手の線引き〜友人編〜

2015年10月27日
結婚式に招待する相手の線引き〜友人編〜
LINEで送る
Pocket

結婚式に招待するゲストを考えるのは

なかなか難しいですよね。

特に友人だとどこまで呼ぶかということで迷う場合が

多いと思いますので、招待する友人としない友人の

明確な線引きと理由付けを行っていきましょう。

 

aribira

 

 

目安としてはその友人の結婚式に招待されても、

お金がもったいなく感じてしまう仲の友人を呼ぶと良いでしょう。

自分の結婚式に呼ぶということは、その人の結婚式にも呼ばれるということです。

自分の式には呼んでおいていざ自分が呼ばれると

「お金がもったいないので不参加」というのはマナー違反になるので、

そこらへんをよく考慮して招待しましょう。

また、プライベートに付き合っていくつもりがない友人も

招待する必要はないかと思います。
きちんと結婚報告さえしておけば問題はないでしょう。

それかご祝儀や参加のための交通費など、

相手の負担も考えて招待しましょう。

特に遠方からの参加となると負担は大変大きくなります。

自分が交通費や宿泊費を負担するのでそれでもぜひ参加してほしい、

というのであればその旨を説明し参加してもらえないか打診してみましょう。

LINEで送る
Pocket

ページトップ