鑑定書は絶対ではありません!

2015年10月18日
鑑定書は絶対ではありません!
LINEで送る
Pocket

ダイヤモンドなどの宝石が付いたジュエリーには、

その石の品質を評価した鑑定書が付いています。

 

IMG_5515

 

鑑定書は、石の色や重さ、透明度、仕上げについて

鑑定士が鑑定して標記したものです。

鑑定士が所属する団体によって、

ダイヤモンドの品質やカットなどの表記は変わってきます。

クラリティは10段階あり、最高値はLope cleanですが、

発行機関によってはFLとなり、クラリティの最上位が 異なることがあります。

この違いは、鑑定書を発行する団体の多さ、

あいまいさからによるものです。 また、鑑定士の主観による部分も大きく、

鑑定する人によっても鑑定書が変わってきます。

統一され、ずれがないのは重さである カラットくらいと言えるでしょう。

こうしたことから、複数の鑑定士が出した鑑定結果の中から、

最も低かった評価のものを鑑定書に書くことが、業界で決められています。

ジュエリーに付いている鑑定書は、絶対のものではないということです。

鑑定書は、購入の際の参考のものと考え、

自分が気に入って身に付けていたいと、

ときめいたジュエリーを選ぶのが一番です。

 

 

LINEで送る
Pocket

ページトップ