婚約指輪と結婚指輪のちがい

2015年10月11日
婚約指輪と結婚指輪のちがい
LINEで送る
Pocket

結婚するにあたって印象深いもののひとつに指輪があります。

 

指輪には婚約指輪と結婚指輪があり、

似ているようで異なる性質があります。

 

pop用ダイヤ

 

まず婚約指輪は婚約の証として男性から女性に贈られるもので、

愛情の証として男性の思いを象徴するように装飾性が高く、

高価なものとなる傾向があります。

婚約指輪は給料の三か月分という目安があり高額な印象がありますが、

実際はそこまで費用をかける必要もなく、

親から受け継いだものでもよく、特に取り決めはありません。

 

IMG_9288

 

それに対し結婚指輪は、夫婦となる二人が、

約束の履行を誓約する目的で互いに交換し、約束を形にするものとしてつけるため、

一度つければそのまま生涯にわたってつけ続ける指輪となります。

そのため、装飾性よりも機能性に特化し、実生活に邪魔にならないデザインで、

価格もそこまで大きくならないのが特徴です。

一般的には男性はプラチナのリング、

女性はプラチナに小さな宝石を埋め込んだものが主流となります。

 

 

LINEで送る
Pocket

ページトップ