ダイヤモンドカットに種類とは-後編-

2015年9月12日
ダイヤモンドカットに種類とは-後編-
LINEで送る
Pocket

以前の記事で、知っておくべきダイヤモンドカットの種類
ラウンドブリリアントカット、オーバルカット、ハートシェイプ
についてご紹介いたしましたが、

 

残り3種類ございますので、今回ご紹介させていただきます。

 

(4)ペアシェイプ

IMG_9106
片側の先端が尖っており、
その形が洋ナシ(ペア)に似ていることから名付けられました。
涙のしずくのようにも見えることから
ディアドロップと言われることも。
ブリリアントカットの一種であり、
ネックレスのトップによく使用されます。

 

(5)マーキース

2015.8.1902
こちらはラグビーボールのような縦長の楕円型となっています。
カラット数のわりに大きく見えることや
指を細長く見せてくれるという特徴を秘めているのです。
あなたにシャープでクラシカルな印象を与えてくれます。

 

(6)エメラルドカット

IMG_9114
名前の通りエメラルドによく用いられるカットです。
石を上から見ると、四角形の四隅のコーナーがカットされており
合計で八角形のかたちをしたスタイルとなります。
面が大きいため、輝きというよりも宝石の色を引き立たせることに向くカット法です。

 

いかがでしたでしょうか?
カットの種類とその特性を理解しておくことで
指輪選びにも幅が広がるかと思います。
ぜひお役立てください。

LINEで送る
Pocket

ページトップ