4Cって何?

2015年9月10日
4Cって何?
LINEで送る
Pocket

ダイヤモンドの価値を示す言葉である、4Cをご存知ですか?

このCとは、カラット・カラー・カット・クラリティという
4つの重要な要素の頭文字を取ったものです。

Carat(重さ)
これは大きさではなく重さを示す単位です。
もちろんですがダイヤモンドは重ければ重くなる程
希少価値は高くなります。
原石の大部分は1ct未満の小さなものばかりですので
大粒の原石となるととても稀少です。

Clarity(透明度)
こちらは透明度を表す基準です。
キズ・欠け・内包物の大きさ・
場所・性質などによって評価されます。
透明度が下がってしまうと
その分輝きを損なってしまいますので
内包物が少なく、透明度が高いほど高評価です。

Color(色)
ダイヤモンドは無色透明ではなく、
かすかに色が付いている
ものがほとんどです。
その色が黄色になればなるほど、
希少価値が下がっていきます。
無色透明なものほど高い評価を受けるのです。

Cut(プロポーション)
他の3要素がダイヤモンド生まれつきのものであるのに対して
このカットは、職人の技によって生み出されるものです。
それによって、そのダイヤモンドが持つ良さを引き出し、
輝けるかどうかが決まります。

LINEで送る
Pocket

ページトップ