鑑定書とは

2011年7月26日
鑑定書とは
LINEで送る
Pocket

婚約指輪のダイヤモンド選びでは欠かせない存在になっています。

「鑑定書」と呼ばれるもの。

おそらくほとんどの方が「本物のダイヤモンドの証!」ぐらいに思われているかとおもいます。

いったいどのようなものなのか?

すこし解説します。

「鑑定書」というと、ダイヤモンドの市場価格をあらわすものと思われがちですが、

実はそうではなく、鑑定機関が発行する

「ダイヤモンド・グレーディング・レポート」

のことを指しています。

「鑑定書」という曖昧な呼び方はやめた方がいいと思うのですが、売り手側も「鑑定書」という名のほうが世間に認知されていることから普通に使われています。

それでは

「ダイヤモンド・グレーディング・レポート」

とはいったいなんなのでしょう?

一言でいうと、「ダイヤモンドの希少価値を明確にしたもの。」です。

ダイヤモンドは世界的に価値の基準が細かく設定されていて、希少価値が高い程、高く取引されています。

その価値の基準が一般消費者の方々にも分かりやすくされてはいますが、ある程度の知識がないとその内容はチンプンカンプンです。

見方は簡単なので10分くらい勉強すればすぐに意味が分かるようになりますよ。

ダイヤモンド・グレーディング・レポートについてはいろいろと語る事が多いので今度は「鑑定書は必要か?」というような記事を考えています。

 

<ツイッター>

■ ツイッターでも最新情報を発信中です!

<資料請求>

■ ジュエリーサキマの資料のご請求はこちらからどうぞ

 

LINEで送る
Pocket

ページトップ